レッツゴー専業主婦

無病息災 夫婦円満 夢は長者の専業主婦

ナメてはいけない外構費用のバカ高さ

久しぶりに家づくりの話題です。

当初はローン費用の内訳は、建物+外構費用で考えていたのですが、建物に色々とオプションをつけていくうちにどうにもこうにもいかなくなって、もう外構は別物として考えることにして、住宅ローンは建物だけにしようということになりました。

つまり、外構は一括キャッシュもしくは別に外構ローンを組んでしようとなりました。

それはなぜか。

包み隠さず申しますと、不動産屋さんの紹介してくれた外構業者のプランがどうしても理想どおりにはならなかったからです。

ネットやピンタレストで理想のガーデンを色々と探っていくうちに、「あ、こんなお庭いいなぁ!」とインスピレーションを感じた施工例がありまして、その業者を調べたら偶然にも車で30分以内で行ける距離だったので、もうここにお願いしたいと思ったのです。 

ちなみに、建物の外観及び中身は全て私が考え私の理想通りに作ってもらいました。そして外構のデザインは全て主人です。主人は私よりも外構のイメージを明確に作り上げていて、ザザッと絵を描き「これで」と私に渡してきました。

カーポート二台分屋根付き、それとは別にもう一台置けるスペース(洗車するためコンクリート必須)、門扉、庭、ウッドフェンスなどなど…事細かに指示が書かれていました。男と女のロマンは全く違うんだな、と実感した次第です。

正直私は外構にはほとんど興味がなく、はじめのうちは「木なんていりません、私植物育てるの得意じゃないし」って言ってたくらいなのですが、外構の方はガーデンプロデュースの会社なので木がない庭なんて!味気ないです!と必死に私を説得し、しぶしぶ木を入れてもらうことにしました。

土地のかなり安いところなので、自慢ではなく土地は広いのです。だから確かに木がないと殺風景すぎるというのはもちろん分かるんですが、それでも木1本あたり2~3万するので5本植えたらそれだけお金かかるわけじゃないですか(泣)結局6本植えたんですが、これでも花壇はガラガラなんです・・・

 

ここでよく言われている、『外構費用の相場はどれくらいか?」ですが、これはもちろん敷地によって変わってくるので一概には言えませんが、大体建物の1割と言われているようです。しかし我が家は、1.3割くらいになりました・・・。

でも、でもですね、結果論ですが、お金かかったけど外構ケチらなくて良かったなーと思いました。毎日毎日家を出るとき、帰って来た時に見えるウッドフェンスや門、タイルデッキなど、そして迎えてくれる木々にすごーく癒されています。

デッキに関しては、私は絶対にウッドデッキよりもタイルデッキがいい!!お金かかってもタイルデッキがいい!!と主張したので、リビングから出られる形でタイルデッキにしてもらいました。

タイルデッキにした理由は、ウッドデッキだといずれ老朽化するのでメンテナンスが必要だし、またウッドデッキの下に雑草が生えたり野良猫が棲みついたりしたらいやだな~と思っていたので、タイルデッキにして大満足です。

また、庭も広いのですが芝生は絶対に嫌だったので(超ズボラなのでお手入れしたくないんです!)人工芝にしてもらいました。冬も青々。ウチの芝生は青く見える。人工芝サイコーです。

お金がいくらあっても足りないので、庭以外の場所は砕石(玉砂利ではなくふつうの砕石)を敷いてもらいました。ほんとはね、湯水のようにお金が湧いてくるならね、ここぜんぶコンクリートにしたかったんですけどね・・・

 

工事スタートは引越し一ヶ月後からで、3ヶ月ちょっとかかりました。家建てるよりかかりました(笑)

でも職人さんが一人で毎日毎日黙々と暑い中頑張ってくださっていたので、感謝しかありません。すごく丁寧に、親切にしてくださる人だったので、良い会社に当たったなぁと思いました。

クーラーボックスを買って毎日お茶やアクエリ、コーヒーなどを6~7本入れて玄関に出しておきました。

これリーズナブルなわりにすごくかわいくて、ホームセンターに売ってるようなブルーのはなんかつまんなくてイヤだなァと思っていたので即買いしました。

イイ年なのでピンクは無理でしたが、チョコミントカラーにしました。毎日使うものなので、やっぱり気に入ったものだとテンションも上がるし「よっしゃ!入れたろやないけ!」ってなります。(気分の問題です)

ピクニックにも最適ですね~(^-^)

 

夏に始まった外構工事ですが、でき上がったのは長袖になった11月でした。

いい感じにヤマボウシとハナミズキが紅葉して、とてもきれいでした。

今ちょっと当時の写真を見返してみたら、常緑ヤマボウシがこの時期も青々と葉っぱと実をつけていたのに今年は葉っぱがほとんどありません・・・実なんてもってのほかで・・・

これはまた別の話になるのですが、私は「庭木はお水をあげなくても良い」とネットかどこかで読んでそれを鵜呑みにしていたため、今年の夏、猛烈な暑さの中でも一切庭木に水をあげてなかったんで・・・す・・・(ばかぁ!!)

それでどんどんと葉っぱが落ちていって冬の枯れ木みたいになって、さすがにおかしくない?と気づいたのが9月に入る手前で、慌てて外構の方に相談したら「いや、さすがに今年の夏は暑すぎたのでお水あげてください!」と言われ・・・そら、そうやで・・・

若い木なので、根付くまでに2~3年はかかるため毎日湿る程度にはお水をあげなければいけないそうです。懺悔しつつ毎日あげていますが、いっこうに元気になってくれません(泣)ごめんね、母ちゃん無知でごめんよぉ・・・

 

ちなみに外構費用は、タイルデッキやシェード、バルコニーの屋根やカーポートの屋根などいたるところでリクシル製を選択して、4年間無利子で組めるリクシルローンにしました。そんなのあったのね。ある意味利子のかかる住宅ローンにしなくて正解だったかもです。

バルコニーの屋根も、一般的なR型(前方に丸くなっていて雨が入りにくい)タイプだと我が家のバルコニーにはうまく設置できない作りになっていたので、ストレートタイプにしました。これがまた初めからついていたかのように違和感なく家と似合っていて大満足です。

外構ができて一年経ちましたが、毎日庭を眺めるのも家に帰ってくるのも楽しみです。

あとは木が生き返ってくれることを・・・祈るのみ・・・