レッツゴー専業主婦

無病息災 夫婦円満 夢は長者の専業主婦

悩みに悩んだカーテン選び

f:id:riry-mameshiba:20180901134034j:plain

新居には、当然カーテンはついていません。

引越し前のマンションはデザイナーズマンションで、窓が普通の作りではありませんでした(部屋の端から端まで掃き出し窓とか)ので、サイズオーダーして作ったのでした。だから当然新居の窓にはなにひとつ合わないのは分かっていたので、私は引越しの半年前からカーテンの資料を請求してカーテン選びをコツコツ進めていました。

カーテン選びを始めて知ったこと、それは「カーテンはドレープだけじゃない」ということ・・・。

私の凝り固まった脳ミソには、カーテン=ドレープという知識しかありませんでした。多分、生活の色々な場面で様々な種類のカーテンを目にしてはいたと思います。でも、だけど、一般人の住む一般的な家のカーテンはレースとドレープの2列になったものしかないという概念でした。

でも、調べていけばいくほどカーテンって色んな種類があるんです!!

中でも私が最も惹かれたのは、バルーンシェードというお姫様のドレスみたいなレースカーテンです。

これは出窓や上げ下げ窓にとってもよく似合うカーテンですが、我が家は出窓も上げ下げ窓もないただの普通の引き違い窓なので、このカーテンは断念しました。

私は以前のマンションで結構分厚く大きな遮光カーテンを購入したのですが、ドレープカーテンの重いこと重いこと。

そもそもなんでカーテンてこんなうねうねしてるの?フラットじゃいけないの?いちいち開閉するの重いしかさばるのもイヤなんだけど!!!とカーテンに対して結構不満があったのです。そう、それは無知だったから・・・。

カーテンの素材や性質、得手不得手など何も分からないままカーテン屋さんへ行きサイズだけ伝えてカーテンを選んだから不満が出たのです。

私がこの家づくりで留意してきたのは、「現状の不満を解消した作りにする」「これが普通だと思うな、お前の知識は20世紀で止まっている」ということでした。

例えば私の昔の家は窓枠に幅がなく、木の桟でした。(障子みたいな)でも私は窓枠や窓台(よく猫が窓辺で外を見ている写真などで乗っている場所)

f:id:riry-mameshiba:20180901130314j:plain

↑まさにコレ

にものすご~く憧れていたのです。本当は出窓だったら最高でした。でもお高いの・・・。

で、インテリアコーディネーターさんに「できれば窓の周りを・・・こう、木枠で囲いたいんですけど・・・」と相談したところ、戸惑うICさん。

「窓やサッシなどをひとつにまとめる役割があるため、標準仕様ですよ」

恥ずかしい!!!!!!!!!!!!今はこれが当たり前だったんだ!?!?

むしろ今は逆の発想で、この窓枠をなくしたいと思っている人もいるとか。(景色との一体感など)なんでそんな勿体ないことするの!?私なんて古い家に住んでた幼少期からこの窓枠が憧れで憧れで・・・ッッッ!!!!と、己の知識の古さに愕然としました。

そして私の知識の中のカーテンはたった一種類しかなく、「カーテンは左右に開閉するもの」「山折り谷折りになったドレープしかない」ということでした。

資料を取り寄せて、まずカーテンの種類の多さにビックリ。

レースのカーテンて、別に開閉しなくってもいいんだ・・・カフェカーテンという超便利なものがあるんだ・・・

左右に開閉する必要なんてないんだ・・・片方だけに集めてもいいし、なんならブラインドみたいに上下できるものもあるんだ・・・

目からウロコでした。こんなにたくさんのカーテンがあるのに、私はこれを知らずに新居のカーテンを全て開閉式のドレープにするところだった!!なんてもったいない。

 

というワケで、まずはカーテンの種類の多さを知り、カーテンの機能の多さを知り、部屋や役割に合わせてカーテンを選んでいきました。

カーテンはかなりお金がかかるので、ネットで見つけたカーテンサイトさんは本当に助かりました。日本製の手づくりなのに、お店で既成品を買うよりずっとお手頃な価格で、サイズもオーダーできてムダのないぴったりサイズで作ることができました。

 

・リビングの掃き出し窓は左右開閉のドレープ(ベロア調)

・ダイニングの窓はローマンシェード(もうこれネーミングからしてラグジュアリー)とレースのカフェカーテン

・寝室の細い縦滑り窓にはロールスクリーン

・現在使っていない2Fの空き部屋(将来の子供部屋、私の部屋)の窓は遮光のカフェカーテン

・和室はリネン素材のフラットカーテン

と、お陰様で全ての部屋に違うカーテンを選ぶことができました。

とにかくかさばらないのが良かったので、全てスッキリして気持ち良いです!

 

ちなみに寝室にあるバルコニーに続く掃き出し窓には、ドレープ、レース共に前のマンションで使っていたものを再利用しています。

オーダーでものすごく幅広く作ったため、1枚で掃き出し窓が隠せるので片開き仕様にしました。サイズは合っていません。笑 でも元から寝室用に一級遮光の分厚いものを選んでいたので、用途はそのままなので便利です。

以前の窓は段差なくバルコニーに出られましたが、現在の窓は20cmほどの段差があります。跨いでバルコニーに出る感じです。正直言って不便です。疲れているときは必ず脚がひっかかり煩わしいです。

でも、これくらいの脚の上げ下げ運動は毎日していないと老化が進む!とプラスに考えるようにしています。

で、この段差の分カーテンが上に上がってしまうので、窓は隠せるんですが床まで20cm足りません。まぁ不格好ですが、これがなんともスッキリ便利で!!特に掃除機がかけやすくて思いがけず良い結果となりました。

引きずってホコリが溜まるよりは、長さが足りなくて足元スッキリの方が断然グッドです。(2Fなんて見栄えはどうでもいいんです)

 

今回、私が大変お世話になったのはこちらのカーテン屋さんです。

「友安製作所」という、DIYにとてもお役立ちなものをたくさん取り扱っている会社のカーテン部門・「スタイルダート」というネットショップです。

友安製作所さんは、有吉ゼミのヒロミのDIYコーナーでもよく取り上げられているショップなので、かなり有名なお店なんじゃないかな?と思います(私は後から知りましたが)

本当にたくさんのおしゃれなカーテンがあり、お店に見に行くよりもずっとたくさんの種類を、自分の条件と照らし合わせて吟味できるのでおすすめです。

www.styledart.com

たくさんありすぎて選びきれないので、希望の品番をサンプルで送ってくれます。イメージが掴みやすくて助かりました!

f:id:riry-mameshiba:20180901161103j:plain

 ちなみに、一番左が我が家のリビング、左から2番目がダイニングのローマンシェードになりました。毎日毎日見惚れています。大のお気に入りです。

カーテンはもちろん、カーテンレールもおっしゃれ~なものが勢ぞろいです!

ホームセンターのでも十分だと思いますが、ホームセンターとそう値段も変わらず、機能性は上だと感じるものが多いので、私はこちらで全て揃えました。

 

カーテンがお気に入りで操作しやすいものは、気分も上げてくれるので幸せです!逆に今までは重い、大きい、めんどくさいとなって開かずのカーテンとなっていましたのでなんか窓側に寄るのが気が重かったんですよね・・・

たかがカーテン、されどカーテンです。