レッツゴー専業主婦

無病息災 夫婦円満 夢は長者の専業主婦

いざ、新居へ引越し!と、退去前の落とし穴

f:id:riry-mameshiba:20180829170003p:plain

引越し業者さんからはLサイズ20枚、Mサイズ30枚の合計50枚の段ボールをもらいました。荷物もそんなにないし半分は余るだろうな~と苦笑いしていたのもつかの間、入れ始めるとどんどんなくなってゆく段ボール・・・

あれ、私シンプルライフを夢見ていたはずなのにどうしてこんなに荷物が・・・?こわい!!

余談ですが、引越しの際は、段ボールに「何が入っているか」「どの部屋に置くか」を書いておくと便利なのですが、私の頭ではすでに「これは寝室、これも寝室、これは洋室1・・・」とレイアウトまで決まっていたのでその通りに段ボールに部屋を記入していたのですが、まぁ実際には失敗しました。

いくら寝室に置くものであっても、引っ越し当日から使用する寝室に、まだ開けてもいない段ボールが山積みになるのは不便極まりないです。使う予定のない空き部屋があるのだから、そこに全て集めておくべきでした。

結局、後日一人で寝室→空き部屋へ段ボールをせっせこ移動する私・・・

 

さて引越し当日。

3名の作業員さんが来てくださり、荷物をどんどん運んでいってくれました。

この3名の構図が漫画みたいで、Aさん:バイトリーダー(ほぼ社員)、Bさん:中堅バイト、Cさん:無能バイトで、やたらとBさんから怒られるCさん。でもイジメに見えないのは、Cさん、確かに何もできていないのに口答えだけは一人前・・・。そらBさんもキレる。私がBさんでもキレる。

Bさん「ええか。絶対落とすなよ!死んでも落とすな!」

Cさん「分かってますて」

Bさん「おまっ、ちょ、お前、角!!角気ぃつけろっ!!」

みたいな感じで、自分ちの引越しじゃなければコントのようで笑えたんですが、自分ちのことなので笑えない私。大丈夫かコイツ・・・とハラハラしてCさんばかり見つめてしまう私。

こんな感じで荷物はトラックへ運ばれてゆきました。

お昼を挟んで12時頃に現地で合流しましょうとなって、一旦解散です。

ここでネットで得た豆知識、作業員さんへ心付けを渡しました。渡さなくても良いと書かれていましたが、そりゃチップあるとないとじゃやる気も違ってきます、人間だもの。こういうことは地鎮祭と同じでケチっちゃいけないと思い、「お昼代の足しにしてください」と言ってリーダーに渡しました。C、ちゃんと働けよ。(私の心の声)

 

そしてそれとほぼ同時に、今度は傘下の電気屋さんが来てくれてエアコンの取り外しにかかってくれました。ここでなんとビックリ仰天(死語)、その電気屋さんの一人が、なななんと、下町ロケットの真野ソックリの超イケメンで・・・!!!!!

真野↓

f:id:riry-mameshiba:20180830094126j:plain

引用元:TBS

しかも衣装まで(衣装言うな)作業着で、ちょ、なに、あなた山崎育三郎さんですよね!?!?!?と抱きついてしまいたくなる衝動を抑え、平静を装う私。最高・・・

私が引越したいと思った理由のひとつに、このマンションに鳩が棲みついていると書きましたが、いました・・・。エアコンの室外機置き場を窓から覗いた真野さん(違う)が私に声をかけてきました。

真野「奥さん、知ってました?鳩いますよ」

私「あぁそうなんですよ~なんか窓の外にいたみたいで・・・」

真野「卵産んでますね」

私「○×△●×▼!?!?!?!?」

確かに頻繁なサイクルで雛産まれてるなぁとは感じてたんですが、まさか我が家の室外機の下に産んでいたとは想定外。そりゃどれだけ窓からのぞいても姿見えないはずだわ。

ガラスブロック越しに、雛と親鳥が飛ぶ訓練とかしてるのは見えてたんですよ。全然ほほえましくないんですけどね!鳩嫌いになっちゃったので!!

そうかお前達、我が家の室外機からお向かいの家の屋根まで飛ぶ練習してたんか・・・。さらば鳩。達者でな。卵はそのままにしておきました。

 

そして、どうやら引越しの際のエアコン取外し取付時に限ってのサービスで、エアコンを工場まで持ち帰って汚れやカビなどのクリーニングをしてくれるというのがありました。当日言われたんですが。

うーんどうしようかなと悩んだんですが、確かにカビもあったし、せっかくの新居なんだからピカピカのエアコンを取付けたいと思い、お願いしました。真野さんだし・・・(おいっ)

というワケで、十日間ほど新居でエアコンなしで苦しみながらの生活を強いられました。

そして真野さん達も去ってゆき、がらーんとしたゴミしか残っていない部屋を、簡単に掃除しました。

結婚する前に内見にきたこの部屋、すごく懐かしく感じました。そうそう、こんな感じで他のどのマンションとも構図が違って新鮮だったなぁ。部屋に光が差し込んで一目惚れしたなぁ。などとしみじみしました。

色々と不満もあったけど、楽しい生活を送れたのはこの部屋のお陰です。ありがとう。

 

さて新居にて、今度は荷物の搬入です。

しっかり養生してくれたので壁や床に傷がつくこともなく、丁寧に運んでくれました。しかし後日気がついたのですが、キッチンで使用しているルミナスのオープンラックのウッドシェルフ↓に、大きな傷が・・・。

ルミナスシリーズを購入するなら、このお店がトータル的に最安値です(私調べ)

ここに、デンとオーブンレンジを置いていました。多分、運ぶ時に手前に勢いよく引っ張ったんだろうなぁと想像のつく傷がついていたのですが、まぁ見えない箇所だし、当日に気づかなかったこちらも悪いし、弁償問題になったらお互い気分も悪いし、ということで引越し屋さんには言いませんでした。新品じゃなかったというのもあります。良かった・・・。

家具は全てサイズを測って新居の部屋のどこにどう置くかまで決めていたので、ちゃっちゃと置いてもらいました。ムダのない配置。満足。

引越し後、一度だけなら家具の移動を無料でやってもらえるサービスもありましたが、お願いすることはありませんでした。

 

引越しは朝イチの8時半から始まり、14時前には終わりました。ぞうさんにお願いして良かった~と心から大満足!!Cさんのゆとりっぷりにはビビりましたが、Bさん、Cさんを教育してね。

退去後のチェックは月末でお願いしていました。

そしてここで大きな落とし穴が・・・・・・・・・・

f:id:riry-mameshiba:20180830110941p:plain

マンションに入居した時、もちろんエアコンはついていませんでした。

そしてエアコンを購入、設置したのですが、その際に、電圧を大きいものに変えていたようなのです。だから退去の際は、原状回復で電圧ももとに戻しておくべきだったらしいのですが、そのままになっていたので原状回復費を頂きますと言われました。

エッ???????????ちょっと何言ってるか分かんないです。

でもこれが現状回復。きっと次の入居者も電圧上げなきゃ最新のエアコンつけられないけど、一旦低い電圧に戻さなきゃいけない。これが原状回復です。知らなかった・・・。

もうひとつ、エアコンのスリーブがなくなってシリコンが埋められているので、これも原状回復費徴収されました。

でも、でもね!!!本当は保管していたんです!!!!でもそんなことすっっっかり忘れていて、そうなんだ、嵌めておかなきゃいけなかったんだと・・・!!これは完全にこちらの失態なので甘受しましたが、スリーブは持っていても意味がないので「これ使ってください」と返却しました。

こんなところに落とし穴が!!ホント悔しいです!!

今後、自分の身内が賃貸に引越すことがあればここは要注意点として伝承していこうと思いましたので、ここにも書いておきますね!!お引越しされる方、ご注意ください。

 

悪口ばかり書いていてもいけないので、管理会社の親切だった点をひとつ・・・。

実はベビーゲートを設置する際に、突っ張り式だったため留め具をぐるぐる強く回し過ぎて壁にへこみが生じてしまいました。

さらにそのへこみ部分からクロスがめくれて、子供がべり~と剥がしてしまいました。なのでクロスの張り替え代は予想していましたが、壁のへこみに関しては居住中の故意ではない破損と認めてもらえ、入居中に加入していた火災保険から保険金が出ますよとわざわざ教えてもらえました。

えっ、保険なんて入ってたの?って感じでした。そんなこと知らずにお金を払っていた・・・(無知)でも管理会社が教えてくれなかったら入り損だった保険なので、親切な対応に感謝しました!

初めての賃貸マンション、初めての引越しと貴重な体験ができました。