レッツゴー専業主婦

無病息災 夫婦円満 夢は長者の専業主婦

ほとんどの主婦が通るであろう北欧インテリアへの憧れと興醒め

f:id:riry-mameshiba:20180824214646j:plain

私は北欧インテリアが好きです。

まず、北欧インテリアがどういうものか知らない時から、上にある写真のような雑貨には心惹かれていました。北欧ではありませんが、シャビーシックなものやアンティーク雑貨も大好きです。

 

北欧インテリアを知ったのは、インテリア雑誌を読むようになってからでした。

ナチュラル、自然素材、シンプル、そういったものがいわゆる北欧インテリアだと知ってからは、とにかくナチュラルなものに惹かれて惹かれて、雑誌を読むのも楽しかったし無印良品のシンプルな雑貨などすごく素敵に感じるようになりました。

その頃から、インテリアブログというものがあることも知り、憧れのナチュラルスタイル、北欧インテリアを取り扱った人達のお部屋などを拝見できて、すごく楽しくブログを徘徊していました。お気に入りのブログもいくつか見つかりました。

ブログ主さんのインテリアに惹かれ、自分もこういうのが欲しい、飾りたい、そんなふうに思うようになり、楽天やお店で探すようにもなりました。

やがてそのブログ主さんのファンになり、その方がお薦めするものは全て良い、素敵だと思うようになりました。

こんな本が素敵でしたよと紹介されると自分も買ったり、こんなものを使って筋トレしていますと紹介されると自分も同じようにやってみたい!買ってみよう!となりました。

そのことについては別に後悔もしていないし、活用しているのですが、ある時ふと引っかかることがありました。

それは、今まで「シンプルなものが好き。キャラクターものは嫌い」と主張していたブログ主さんが、「たまにはいいかなと思って(笑)」とキャラクターものの雑貨を紹介されていたことでした。その時に、「あれっ?」と自分の中で違和感が生まれました。

やがて、それまでの主張とはうらはらな雑貨やデザインのものを紹介するようになってきて、統一性がないというか、他のサイトさんでも紹介されているものと同じものを紹介するようになってきました。

変だなと思っていくつか同じ北欧系ブログを覗いてみると、ふしぎとどのブログでも同じ商品が紹介されていて、まるでCMのようにずらりとリンクが貼られていて、当時の私にはなぜ同時期にたくさんの人が同じものを紹介しているのかが理解できませんでした。

後に、それがアフィリエイトだということを知ったのですが、もちろんアフィリエイトが悪いと言うわけではありません。

私だって良いと思ったものは紹介しているし、アフィリエイト広告を貼っています。

でも、それは自分が本当におすすめしたい(そしておこづかいになってほしい!)から貼っているのであって、あそこまで他の人とかぶるもんかなぁ?と理解ができなかったのです。

 

もうひとつの違和感は、どのブログ主さんも「北欧インテリア」「北欧デザイン」ありきで雑貨や布などを揃えていることでした。

私が無意識に「素敵だな」と惹かれるデザインは、ポーリッシュといわれる柄が多いです。

とくに、このテーブルトークプレゼンツというところのお皿がかわいい!!とツボで、ひととおりこのデザインで揃えました。お皿が賑やかでカラフルで、どれを使ってもかわいくて大満足です。(こういう紹介がアフィリエイトです)

北欧インテリア、シンプルインテリアが好きといいながら、こういう派手な柄も惹かれるんです。

しかし、北欧デザインで超有名な派手な花柄は、私はかわいいと思いません。何が良いのか、本当にみんなこれかわいいと思ってるの!?と驚くくらい惹かれないのです。また、単に白黒の棒が並んでるだけみたいな柄も、素敵だと思わないのです。

でもそれは私の感性に合わないだけだし、本当に素敵だと思っている人ももちろんたくさんいるのは知っています。

だけど、これも北欧インテリアブログの人達はこぞって「○○(ブランド名)だから素敵!」「○○(ブランド名)の生地買っちゃいました!」と皆さん同じ柄を持っていて、ファブリックパネルや透明ケースの目隠しに使ったりしているのです。

どれもこれもみんな同じ、自分が素敵だと思うから買ったのではなくて、それが北欧デザインだから、アフィリエイトで料率が高いから、そういう理由で紹介ばかりしているのかな・・・と、なんだか悲しくなりました。

でも、自分も結局、好きなブログ主さんがお薦めするから素敵だと思っていただけなんだということに気づいたとき、「私は本当に北欧インテリアが好きなんだろうか。シンプルイズベストだと思ってるんだろうか。ナチュラルが好きなんだろうか」と自問するようになりました。

イッタラのシールを貼ったままグラスを使う人ってどうしてシール剥がさないんだろうと思うけど、でもシール剥がしたら100均のグラスでも変わらないしな、と思ってしまうし、いくら北欧が好きでもムーミンまで好きかと問われるとそうでもないし、数字が並んでるだけのポスターの何が良いのか分からないし、でもやっぱり、木のあたたかみとか自然素材のカゴとか琺瑯のキッチンツールは心から惹かれる。

逃げ恥の平匡さんのお部屋は超がつくほどのTHE・北欧インテリアだったけど、本当にかわいいし素敵だしあんなお部屋に住みたいと穴があくほど録画を観直していたほど、北欧風のお部屋はかわいかったです。

 

結局、自分の中に北欧インテリアを良いと思う心があるということは確かだけれど、何もかもがツボにはいるとは限らないということが分かりました。

素敵だなと思うものに北欧インテリアが多いだけで、北欧インテリアだから好き、というわけではないということです。当たり前だけど、これになかなか気がつきませんでした。

でも気づいた途端、ずらりと並ぶ北欧インテリアブログの多さと、同じものをみんな持っているというつまらなさに、自分の中にあった北欧インテリアへの憧れがすーっと消えていきました。

北欧インテリア部門でモノトーンが流行ればモノトーンで揃え、モビールが流行ればみんな天井からモビールをぶらさげ、この柄のポスターが流行ればみんな同じものを持つ。本当にみんな、心からそれが欲しいと思っているのかな?素敵だと思ってるのかな?なんだか空しくなりました。

おかげで、自分の中で「北欧インテリアにこだわる必要はないんだ」と結論が出たので、ひとつのインテリアで統一することなく、置きたいものを置く、飾りたいものを飾る、ナチュラルにこだわる必要はないと思えるようになったのでした。 

今我が家には、ナチュラルなダイニングセットや北欧デザインのカーテンやラグ、そしてバリのリゾートホテルのようなテレビ台とカゴ、そして沖縄のシーサーがいくつもあります。みんな違ってみんないい。