レッツゴー専業主婦

無病息災 夫婦円満 夢は長者の専業主婦

入院生活~MFICUって何?~

私の入院していた病院にはGCUやNICUはもちろんのこと、さらにMFICUという病室までありました。

MFICU、ご存じですか!?

エム‐エフ‐アイ‐シー‐ユー【MFICU】[Maternal Fetal Intensive Care Unit]   《Maternal Fetal Intensive Care Unit》

重い妊娠中毒症、前置胎盤、合併症妊娠、切迫早産や胎児異常など、ハイリスク出産の危険度が高い母体・胎児に対応するための設備と医療スタッフを備えた集中治療室の略称。

母体胎児集中治療室。母体胎児集中治療管理室。→周産期母子医療センター

出典:小学館 

引用させていただきました。

そう、MFICUとは妊娠合併症の妊婦さん用の個室なのです!しかも自分が希望してそこへ入るのではなく、病院が必要と判断したらそこへ部屋移動となるのです。つまり差額ナシで個室!行きたいッ!!

私はMFICUのことは入院してすぐに院内MAPで知っていたのですが、まぁ自分には関係ないな、と思っていました。

ですがある日、師長さんが私のところへやって来て、リリーさん今度MFICUに移動になりますのでと!えーっ、マジで!?いいの!?やったぁ!!初の個室だぜー!!

さて妊娠9ヶ月0日よりMFICUに引っ越した私ですが、その広さというか明るさというか、まず本当に一人ということに大喜びでした。

この部屋で完全に生活ができるのです。トイレもあり、シャワーもあり、洗面台もあるんです。大きな窓もあって、その辺のビジネスホテルよりずっと部屋も広いし、一人部屋から一人暮らしに昇格したような感じでした!

民間のクリニックならね、本当に豪華なホテルみたいな部屋なんでしょうが、市民病院でここまできれいで広いなら充分感謝感激です。

ここなら面会に来た家族も友達も、声を潜めたり狭いところで椅子に座らなくてものびのびできるし、もう出産までここにいたいよーと思いました。

しかし看護師さんは、心配そうに「リリーさん、大丈夫ですか?この部屋で」と。

えっ、なんで?こんなに喜んでいるのに?

どうやら患者さんの中には、個室なんて自分一人しかいなくて寂しくて気が狂いそうになるという人もいるらしいです。大部屋で発狂しそうになるのは分かるけど、個室でそんなことなるの?そんな碧いうさぎ(時代)みたいな人いるんだ・・・

まず携帯のカチカチカチカチで肩身の狭い思いをしなくてすむのが本当に嬉しかったですね。あとはトイレで落ち着いて長居できること。やっぱり共同のトイレだと誰かドアの外で待ってるんじゃないかと思うと長居できなかったので、就寝時間とか食事時間とか人のいない時間を見計らって行っていたのが、自分の好きな時間に!何度でも!トイレに行けるという喜び!!

シャワーだって毎日シャワー室前のホワイトボードに名前を書きに行かなくたって、入りたい時間に入れる!!

そしてテレビもイヤホンなしで観られる!!もうただの一人暮らしやん!サイコー!!

母子手帳にはこう記しています。

MFICUサイコー(^0^)/

初めの2週間は便秘ひどすぎて息もできなくて死にそうに苦しかったです。でも34週からはお通じも順調にきてスッキリ(^v^)食欲も増えてきました(^0^;)

 顔文字多数。はしゃいでいるのがよく分かります。

 そう、ちょうど妊娠後期に入った頃からお腹がぐんと大きくなって胃が圧迫され、さらに全く動いていないのでお腹が全然減らないんです!

毎日3食食べてベッドの上から動いていないのに!!体重が一向に増えないんです!!

こんな幸せな妊娠ってあります?

家だと、何にもしてなくてもおやつ食べてしまったり体重増えたりしますよね。でも病院にいてカロリー計算された食事をとって本当に全く動かないでいると、ほんとお腹がすかないんです。

18時の夕食の後は、翌朝8時まで何も食べないというのも超健康的な生活だったんだと思います。

だけど親は入院中の私を不憫に思って八朔やらゼリーやらカフェオレやらを大量に買い与えてくれており、お見舞いに来た友人もシュークリームやらケーキやら果物やらを持ってきてくれるので、冷蔵庫フル回転でした。(食事制限はなかったので何を食べてもOK)

あの食欲のなさを取り戻したい・・・(泣)

まぁ、とにかく個室なので思う存分リラックスしてましたし、週末にお見舞いに来てくれていた主人も私のベッドで爆睡できていたしで、快適なことこの上なかったです。

そしてMFICUの面白いところは、すぐ隣がLDR(陣痛、分娩、産後の回復までを同じ部屋で過ごすこと。その部屋。)だったため、毎晩産婦さんの地獄の呻き声が聞こえてくるという恐怖体験ができたことです。

初めてのお産なので、陣痛の苦しみがどういうものなのか未知なため、あんな恐ろしい声を聞くとビビってしまうのです。それがほぼ毎夜なため、寝る時はいつもipod聴いて寝ていました。

胎動も順調で、私が楽しいと赤ちゃんもよく動くんです。気持ち良く寝てるんだろうなーと思うと、もう一生このまま、お腹の中にいてへその緒で繋がっているのが一番幸せなんじゃないかなーと思うようになりました。

まさに一心同体なんですね、この時期って。赤ちゃんの動きをお腹の中で感じられて、しゃっくりしているのも幸せだし、うねうね動かれても幸せだし。

マタニティブルーとはちょっと違うと思いますが、お腹から出てきてへその緒を切ったら、もう自分の一部ではなくなるんだなぁというセンチメンタルな気持ちになっていました。

 

つづく