レッツゴー専業主婦

無病息災 夫婦円満 夢は長者の専業主婦

入院生活~一日のタイムスケジュール~

しばらくして病室移動になり、「次のところは長期の方が多いので慌ただしくないですよ」と説明を受けました。

長期入院の方は、主に切迫流産、切迫早産の方がいらっしゃいました。

私と同じ症状の患者さんは一人もいなかったです。

ドラマで見るようなカーテンオープンの病室ではなく、皆さん常時カーテンは閉め切っている状態でした。もちろん私もそれほど社交的ではないので、ありがたくカーテン閉めていました。

なんだかね、カーテン閉め切って自分一人の空間があると、ちょっと嬉しいんですよね。簡易的なクローゼットとデスク兼冷蔵庫、ベッド、丸椅子、そしてテレビくらいなんですが、自分の城って感じでなかなか快適なんです。

大和ハウスの竹野内豊の気持ちがよく分かります。

またこのデスクが結構便利に作られていて、タオルもかけられるし開き戸に収納はあるし、スライドトレイもあるしで、それらをいかに使いこなすかが私の任務でもありました(ヒマなんです)

ちなみにこの病室に移動になってから、ドアのすぐ隣がトイレだったので、勝手にトイレに行くようになりました。まだ先生からOKは出ていませんでしたが、看護師さんもいちいち私がトイレに行くのを監視しているわけではないので、ドアをそっと開けて誰もいなかったら、くノ一のようにささっとトイレに入ってささっと病室に戻っていました。

これだけでずいぶんと心が軽くなり、いよいよストレスはなくなりました!!

私の一日のスケジュールは、だいたい以下のとおりです。

 

朝6時 起床(すぐ二度寝)

7時半頃 朝食

8時頃~12時 爆睡(この間、赤ちゃんの心音を聞きに来てくれる)

12時 昼食

14時 シャワー

15時 親が面会にきてくれる(週3日)/来ない日は爆睡

16時 赤ちゃんの心音2回目・看護師さん交代の挨拶

18時 夕食

19時~21時 赤ちゃんの心音3回目・自由時間(常に)

21時 消灯(しかし私はテレビを観る)

 

妊娠中期までは毎日毎日本当に眠くて、まぁこんなことになった原因でもあるのですが、とにかく寝て寝て寝て起きて食べてまた寝るの繰り返しが全く苦にならない、寧ろ幸せすぎる永遠にこのままでいたいと願うほど眠かったのです。

 だから入院してからというもの、ご飯もお風呂も洗濯もしなくて良い状態で、ただただ寝てご飯食べて赤ちゃんの心音きいてもらってというほんと優雅な生活を送っていました。

何か少しでも赤ちゃんのことで不安があればすぐ看護師さんから先生に言ってもらえるので、家で不安になるよりずっと良い環境だったと思います。

ちなみに私の所属というか本来の入院事由は「下肢深部静脈血栓症」という循環器内科の疾患なので、産婦人科病棟に入れてもらったのはたまたま妊娠中だったからなんですね。

つまり妊娠経過はいたって良好で、産婦人科に入院している他の妊婦さんよりはずっと気楽で赤ちゃんの心配もなかったのです。

時々、夜中に同じ病室の妊婦さんが、声を殺すように泣いている気配もあったりしました。短期入院用の病室の時の方がよくありましたが、やはり入院することになるということは突然緊急事態になって、予定日より早く生まれることになったり一刻を争う事態になったりと様々な理由がありここに来ているわけですから、赤ちゃんのことで不安になったり悲しくなったりして泣いてしまうんですよね・・・。

一方、長期入院の先輩妊婦さんはもう慣れたのか諦めがついたのか、まぁ嘆いていても仕方ないと悟るのでしょうが、淡々と日々を過ごしていました。

だから就寝時間後も皆さん自分のベッドでテレビを観ているのが、ぼんやりカーテン越しに灯りが見えるので分かるんです。なんか私も嬉しくて、妙な一体感を(勝手に)持ってテレビをつけました。

入院中にほぼ欠かさずチェックしていたのはさんまさんが出ているテレビでした。

 それまでは特に好きでも嫌いでもなかったけど、なぜか入院したらさんまさんのあの引き笑いを毎日見たくなって、テレビの向こうで楽しそうに笑っている自分大好きなさんまさんを見ているとこっちも元気が湧いてきました。

しかし加藤アナはほんと可愛いな。あれはモテるわ。

 入院てヒマじゃない?とよく聞かれますが、何度も申し上げているように私はとても充実した日々を送っていたので、全然ヒマとは感じず、寧ろそのヒマをエンジョイしていたのですが、何をしていたかというとベッドの上でずっっっと携帯を見ていました。

時代はすでにスマホが普及していたのですが、頑なに携帯を愛用していた私はこの時ばかりは少々後悔しました。

あの、指でスッとするだけで画面操作できるのが羨ましい・・・!!私は検索するのもメールを打つのもどんなに息を殺したってカチカチカチカチカチカチと音を立ててしまうので、もう、同室の妊婦さん達を苛立たせているのではないかとすごく申し訳なくて・・・!

実際うるさかっただろうなーと思います。でもしょうがない、フリックできないんだもん!

時間はたっぷりあったので、妊娠関連、出産関連、子育て関連など色んなサイトや体験談を見ていました。飽きることなんてなかったですね。

他の妊婦さんの中には当然上のお子さんがいる方もいて、そういう人達は私のように呑気な気持ちではいられなかったと思います。

夫一人なら何とか生活してもらえるし心配もありませんが、上の子を置いて入院ということは、夫や夫の家族、また自分の家族などに面倒を看てもらうわけですから申し訳ないという気持ちが消えないだろうし、何より上の子がお母さんと会えない寂しさに泣いていることを考えたら胸が痛いだろうなぁと思いました。

私は一人目だし主人も実家に帰ってくれたから衣食住の心配はないし、実家の親が週3で着替えを持ってきてくれたから何の不自由もなかったし、恵まれていました。

今、もし自分が再入院することになったらと考えると血の気が引きます。

子供が生まれる前は楽園だった病院も、この子を置いて入院しないといけなくなると途端に色褪せた牢獄に変わってしまいます。

 

つづく